森永材木店

木を知り尽くし、丁寧に丁寧に八年もの長い時間と
手間をかけながら作られた森永材木店のまな板。

トン、トン、トン、というまな板の音は、
いつもの美味しいを作る音。

トン、トン、トン、というまな板の音は、
大切な人と過ごす楽しい時を思う時間。

各家族の味は、長い年月をかけて作られ、
受け継がれていくものです。
「うちの味」を思った時に、「トン、トン、トン」
というまな板の音が響いたら、
それはきっと素敵なことです。

森永材木店のイチョウの木のまな板は、
美味しさを作る音、
ぬくもりを思い出す音がします。